うつ病は薬で症状を軽減できる|心と体を元気ハツラツに

男性

チェックをしてみる

医者

精神的なバランスが崩れたり、心に大きな負担がくるような出来事があったりすると、うつ病を発症することがあります。また、人間関係や仕事のストレスを何年も蓄積させると、気づかないうちに心が蝕まれ、こころとからだに症状が出始めます。ある日突然発症する時もありますが、大体は蓄積されたものから発症するのが普通です。うつ病は自覚症状があれば薬を積極的に服用して、治療をしますが無自覚だと誰かが気づかないと悪化するだけです。仮に、元気な様子でも実は躁うつ病だったというケースもあり、極端にテンションが上がる症状を見つけたら要注意です。

体の調子から見るうつの症状に、疲れやすい、体が常にだるいことがあります。これらの症状は病院で処方された薬で軽減できますが、効かない場合は他の薬を使って経過をみます。ただ、なんとなく体が疲れているという認識だと寝れば治ると思い込むため、続くようなら検査が必要かもしれません。中には不調続きで病院の検査をすることもあり、何も異常が見つからないまま時間は過ぎていくでしょう。よく寝ているのに気持ちがすっきりしない、ストレス解消や気分転換をしても軽くならないならうつ病になる一歩手前でしょう。うつ病の症状に眠れないことがありますが、これにはいくつかタイプがあります。毎晩悪い夢を見たり、起きても寝た感じがしないなら、心理的な部分に問題を抱えているかもしれません。身体的な症状には、首や肩こり、腰痛があります。多くの場合仕事のしすぎや疲れからくるものと認識することがありますが、実はうつ病が原因かもしれません。マッサージをしても症状が良くならない場合は病院へ受診をして、薬を処方してもらう方が改善も早いでしょう。また、めまいや耳鳴りも、うつ病に多い症状ですから頻繁に続く場合もカウンセリングが不可欠になります。身体的な部分でも様々な症状が出ますが、行動の面でもうつ病かもしれないと思わせるものがあります。一つ目は、人と関わらなくなることです。いわゆる引きこもりの状態は、外へ出ようという気持ちが薄れている最中です。人の目が異常に気になると、人にどう思われているか気になりコミュニケーションが取れなくなってしまいます。この事をずっと考えすぎると登校拒否や出社拒否になる可能性もあり、塞ぎこむ生活になります。ただ、これらの気持ちはうつ病関係なくあるものです。判断基準としては、連休明けや日曜日に入ると急に気分が落ち込んでしまったり、腹痛や頭痛がおきてしまったりと体と心同時に症状がやってきます。中には、電車やバスに乗れず結局休む人もいますし、乗り物に乗るだけでめまいと吐き気がくるという場合もあります。こうしたメンタルの崩れは、過食や拒食にも繋がります。一度に物を大量に食べるような日が続くと薬を使った調整が必要かもしれません。食事制限を極端にするようになると、状態は深刻でしょう。拒食症に多い食べることへの恐怖もあり、これらの症状が目立つなら早急に病院を受診して治療に専念することが大切です。