うつ病は薬で症状を軽減できる|心と体を元気ハツラツに

男性

治療に専念する

看護師

心の風邪と言われるうつ病の治療は、薬の他に休養と精神療法があります。中には、うつ病は怠けているという見方をする人もおり、周りの目が気になってゆっくり休めないことがあります。また、治すために特別なことをしなくてはいけないという認識を捨てないと、治りが遅くなります。うつ病の治療で最も重要なのは薬の服用としっかり休むことです。そこに精神療法を取り入れることで、より早くうつ病を克服することができます。

薬をつかった薬物療法は、セロトニンやノルアドレナリンに効くSSRIやSNRIが用いられます。また、セロトニンとノルアドレナリンの作動性を抑制する抗うつ薬が使われることもあり、これらの薬がうつ病の症状を和らげてくれます。薬物療法に関しては、最初に医師から副作用の説明があります。ただ、副作用を少しでも出さないよう務めるため、最初は少量から入るのが基本です。効果が出始めるまでに、症状が強くでた場合はその都度医師に相談をして、薬の変更をしていきます。薬の効果をさらに上げるためには、精神療法を取り入れることがポイントです。内容は、医師と心理カウンセラーによる対話で、これは何度も繰り返し行われます。種類は、認知療法や対人関係療法があり、この二つを基準に時間をかけた対話をしていきます。